当社では、本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当社で詳しく把握し、最適な広告を表示するために、Cookie を使用しています。詳細を確認して Cookie の設定を行うには、こちらをクリックしてください。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意されたものとみなされます。

Sales Cloud で成功しよう!

エキスパートとつながり、ベストプラクティスを知り、トレイルで学ぼう

導入

セールスプロセスの定義

このビデオでは、以下の方法を学習します。

Salesforce でのリードと商談の役割を理解する。
セールスプロセスを定義する。
リードと商談をセールスプロセスと対応付ける。

概要

セールスプロセスを定義することにより、自社に合わせた Salesforce を設定することができます。商談フェーズからページレイアウト、レポートといった基本的な機能、標準オブジェクトについて説明します。 また、リードの取引開始やセールスプロセスを定義するときの考慮事項についても説明します。 ビデオをご覧いただくと、自社のセールスプロセスをSalesforceに組み込むことができます。

このビデオで説明しているオブジェクト:

リード - マーケティングから営業へ引き渡すための見込み顧客情報です。
取引先 - 企業名、Web サイト、住所などの企業情報を保存するために使用します。取引先は、自社と関係がある企業や、見込み客である企業を指します。
取引先責任者 - 取引先に関連付けられた、自社のビジネスに関係する個人、つまり名刺情報です。
商談 - 収益を生み出す見込みがある営業案件のことで、成立・失注するまでのプロセスを管理します。
活動 - 営業における必要な活動を管理します。

リードは見込み案件の評価に役立ちます。また、重複を防止するためにも便利な機能です。

このビデオでは、リードに関するビジネスプロセスを構築するときに役立つステップについて説明しています。

リードに含まれる3つの要素:

会社情報
取引先責任者情報
案件に関する情報

リードを有効な商談と判断したら、リードの取引開始機能を使用し取引先、取引先責任者、商談に移行できます。

セールスプロセスを構築することで、商談を作成するタイミングがわかります。自社のセールスプロセスを整理したら、そのプロセスを使用して Salesforce に反映することができます。

その他のリソース

「セールスプロセスの定義」ビデオ関連リソース一覧

今すぐダウンロード

関連するイベントを探す

詳細はこちら

CRM の基礎に関する自習コース

トレイルで学ぶ

リードと商談、セールスプロセスの設定に関する自習コース

トレイルで学ぶ

セールスプロセスの最適化に関する自習コース

トレイルで学ぶ

リードの取引開始を改善するためのステップバイステップのジャーニー

今すぐはじめよう(英語ページ)

営業プロセスを最適化するためのステップバイステップのジャーニー

今すぐはじめよう(英語ページ)
タップして詳細を表示 タップして詳細を表示