当社では、本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当社で詳しく把握し、最適な広告を表示するために、Cookie を使用しています。詳細を確認して Cookie の設定を行うには、こちらをクリックしてください。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意されたものとみなされます。

Sales Cloud で成功しよう!

エキスパートとつながり、ベストプラクティスを知り、トレイルで学ぼう

導入

Salesforceのカスタマイズ

このビデオでは、以下の方法を学習します。

ビジネスに合わせて Salesforce をカスタマイズする。
項目の修正や追加をし、ページと検索のレイアウトを変更する。

概要

1 つ目のビデオでは、導入の成功のためのカスタマイズに関するベストプラクティスについて説明します。

標準項目を修正し、自社固有の要件に合わせる。
標準項目では管理できない内容については、カスタム項目を追加する。
検索レイアウト結果ページをカスタマイズし、検索結果で適切な項目を表示する。
高度なページレイアウトエディターを使用して、レコード詳細ページを変更する。

また、Lightning アプリケーションビルダーについてもご説明します。これは、Salesforceのモバイルアプリや Lightning Experienceホームページやレコードページをマウス操作で変更できるツールです。

企業全体で正式リリースする前にテストを行うことの重要性についてもご説明します。 以上のベストプラクティスから、Salesforceの画面やレイアウトをわかりやすくシンプルにします。これにより、ユーザの定着率が向上します。

2 つ目のビデオでは、1 つ目のビデオで説明した内容のデモをご紹介いたします。以下の方法について説明します。

商談ページに新たな参照項目を作成し、競合他社が関連する商談をトラッキングします。
「競合」項目を商談レコードの強調表示パネルに追加します。
検索結果ページに取引先の「種別」項目を追加して、取引先を検索する際、どういった種別の企業かを把握しやすくします。
商談セールスパスにガイダンスを追加し、各商談フェーズに営業が実施すべき内容をわかりやすく提示します。これにより、チーム全体の商談成約率や売上予測の正確性が向上します。
最後に、進行中かつ失注リスクのある商談にすばやくアクセスできるよう、エンドユーザ目線に立った「競合別商談」レポートの作成方法をご説明します。

また、Salesforceのカスタマイズとさらなる活用に役立つリソースもご紹介しています。


その他のリソース

「Salesforceのカスタマイズ」ビデオ関連リソース一覧

今すぐダウンロード

Salesforce導入に役立つWelcome Kit

今すぐダウンロード※アクセスにはSalesforceへのログインが必要です

ユーザインターフェースのカスタマイズに関する自習コース

トレイルで学ぶ

データモデリング(データ構造の作成)に関する自習コース

トレイルで学ぶ
タップして詳細を表示