当社では、本ウェブサイトとサービスを快適にご利用いただくため、また、本ウェブサイトとサービスがどのように活用されているのかを当社で詳しく把握し、最適な広告を表示するために、Cookie を使用しています。詳細を確認して Cookie の設定を行うには、こちらをクリックしてください。引き続き本サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意されたものとみなされます。

Sales Cloud で成功しよう!

エキスパートとつながり、ベストプラクティスを知り、トレイルで学ぼう

計画

ユーザの作成

このビデオでは、以下の方法を学習します。

ライセンスを設定し、ユーザに割り当てる。
データへのアクセスを制御するロール階層を作成する。

概要

このビデオでは、Salesforce でレコードへの基本的なアクセス権と参照権限を制御するために、ロール階層を作成する基礎について説明します。Saleforce で新規ユーザを追加する方法とユーザのパスワードをリセットする方法のデモも行います。

Salesforce の導入時に最初に行うべき手順の 1 つがユーザの設定です。データを Salesforce にインポートするときにデータを適切に割り当てることができるように、最初にこの手順を実行することをお勧めします。

まず最初に、ロール階層を設定することをお勧めします。ロール階層は、ユーザまたはユーザグループが必要とするデータアクセスレベルを表します。ロール階層を設定することでデータのセキュリティを向上させることができるため、最初に実行することをお勧めします。

ロール階層によって、上位ユーザは常に下位ロールにいるユーザのデータにアクセスできるようになります。ロール階層は、通常、組織図の構造を反映したものですが、厳密に同じである必要はありません。

ロールを作成した後に、ユーザを作成しましょう。これにより、ユーザに必要なデータへのアクセス権を付与するときにロールをユーザに割り当てることができ、ユーザは Salesforce を利用できるようになります。

ユーザを作成するときは、利用開始時に読み取り専用プロファイルをユーザに割り当てることをお勧めします。ユーザがログインして、Salesforce のトレーニングを実施し、Salesforce に慣れることができるようにするためです。

階層を作成したら、ユーザを追加できます。このビデオのデモで説明する手順に従うと、ユーザを簡単に追加できます。

Salesforce にてユーザを有効化すると、ユーザのパスワードをリセットしたり、必要に応じて離職したユーザを無効にすることができます。



その他のリソース

「ユーザの設定」ビデオ関連リソース一覧

今すぐダウンロード

ユーザの設定に関する自習コース

トレイルで学ぶ
タップして詳細を表示 タップして詳細を表示